〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-28-8 ロハス松濤2F

お電話でのご予約・お問合せはこちらから
(初回面談は無料です。)
03-3770-4051
受付時間
10:00~18:00(定休日:土日祝)

融資相談(創業融資からリスケまで)

渋谷の税理士「創栄共同事務所」では、お客様の融資に関するご相談にお応えしております。

「会社をスタートするときの融資はどれに申し込むのがよいのかしら?」「大口の取引先に切られたから、融資が必要」「資金繰りが厳しいのだが、銀行との交渉に使う資料について相談したい」など、顧問契約いただいているお客様からのさまざまなご相談に対応しております。

早め早めの対応が必要ですので、速やかにご相談ください。

創業融資

どの融資がよいのかしら

会社をスタートするときには、創業融資(新創業融資)という融資に申し込む方がおおいです。

これは日本政策金融公庫という政府系の金融機関が行っている融資となります。ただし、業種によっては申し込めない場合もございます。

その他、自治体が行っているものもございます。

自治体によっては1%未満の低金利、かつ信用保証料も一部負担してくれるといったところもあるようです。一方、公庫から借りる場合には信用保証協会を通さないので、信用保証料がかからないといったこともございます。

お時間や必要な金額によって、どこへ申し込むのがよいのか変わってきます。お気軽にご相談ください。

※※借り入れをする際には、怪しい業者にご注意ください。公庫の公式ホームページでも

公庫名をかたった団体による融資の勧誘等にご注意くださ」といった注意喚起をしているようで、そういったサイトの目的は、預金残高や取引銀行といった情報の収集、融資申請の手数料の要求などのようです。

中には公式ホームページとそっくりなサイトを作成しているところもあるようです。公庫の公式ホームページのURLは https://www.jfc.go.jp/ です。「jfc」はジャパン・ファイナンス・コーポレーションという意味のようです。「.go.jp」は政府系のサイトでよく見かけますよね。URLをチェックするなど、しっかりとご確認なさってください。

 

大口の契約をきられた場合など

契約切られた

大口の契約を切られた場合に、急に資金繰りが悪くなることございます。

そういった場合には日本政策金融公庫のセーフティネット貸付という融資を受けることができるかもしれません。

その他、新規事業を行う資金が欲しい、インバウンド事業を行うための資金が欲しいなど状況によって様々な融資を受けることができる可能性がございます。

 

 

今月は返せない(リスケの交渉)

どう計算しても厳しい

毎月安定して入金される業種であれば、計画が立てやすいのですが、ほとんどの業種は季節変動といって、月や季節によって、売り上げに偏りが出てきてしまいます。

当事務所のような税理士業界ですと、冬に売り上げが集中しがちです。そうなると資金繰りが厳しい月というのが出てきます。

どうやっても返済が厳しいという場合には、返済予定の変更(リスケジューリング)を依頼した方がよいのかもしれません。借り入れ直後ですと、難しいのですが、一定期間返済していれば、金融機関側も応じてくれるケースもあります。

 

ご予約・お問合せはこちら

ご予約・お問合せはお気軽に

03-3770-4051

お気軽にご連絡ください。

代表税理士ごあいさつ

親切な対応と丁寧にお話を聞くことを心掛けております。お気軽にご相談ください。