〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-28-8 ロハス松濤2F

お電話でのご予約・お問合せはこちらから
(初回面談は無料です。)
03-3770-4051
受付時間
10:00~18:00(定休日:土日祝)
あれ?今月末は週末ですけれども、、、

納期限に銀行や税務署が休みの場合はどうなるの?

各税金には、「納期限」と言われている、「いつまでに払ってくださいね」という期限があります。

納付書が手元にあれば、その納付書に期限が印字されていることも多いわけですが、最近はペイジーなどでも払うことができるため、具体的にはいつまでだったかな。と迷ってしまうこともあるかと思います。

※このページでの銀行が休みとは、一般的な銀行が休みの日、つまり土日祝日を指しています。

納期限は後ろにズレる

さて、結論ですが、納期限に銀行や税務署が休みの日だった場合には、次の営業日まで期限が延びることになります。

例えば、平成30年9月30日は日曜日で、銀行はお休みです。従って、9月末に法人税や消費税の納期限がある会社などは、平成30年10月1日の月曜日が納付期限となります。

年末に納期限がくる場合には、、、

では、年末に納期限がくる場合にはどうなるのでしょうか。

まず税務署は年末年始は12月29日から1月3日までお休みです。

銀行は12月30日から1月3日までお休みのケースが多いでしょうか。

通常は1月4日が納期限となります。もしも1月4日が土日と重ねれば、次の営業日が納期限となります。

ATMやネットバンクで支払えるペイジー払いはどう?

小規模の会社などは、ペイジー払いという方法も使い勝手がよいのかもしれません。

一度使い始めると、便利だと感じる会社さんも多いようです。

ただし、「領収印が押してある納付書」が必要な会社さんについては、よく確認した上で、ペイジー払いをすることをお勧めします。

またペイジー払いは24時間365日いつでも支払いOKということになっていますが、支払うものによって違います。税金は週末払えないこともあります。

例えば国税は確定申告シーズンは休みなく受け付けているようなのですが、そのシーズンを外れてしまうと、週末は休みのケースもあります。詳しくはe-Taxのサイトなどでご確認ください。

ご予約・お問合せはこちら

ご予約・お問合せはお気軽に

03-3770-4051

お気軽にご連絡ください。

代表税理士ごあいさつ

親切な対応と丁寧にお話を聞くことを心掛けております。お気軽にご相談ください。