ネット申告・ネット納税に対応の税理士

渋谷にある当税理士事務所「創栄共同事務所」は、ネット申告やネット納税に対応しております。

当税理士事務所の特徴

  • ネット申告(電子申告)に対応
  • ネット納税(ATMも可)に対応
  • 領収書をノートに貼る必要はありません
  • 面談不要(もちろん、ご要望があれば面談可能です。)
  • 書類の送付はネット上でもOK
  • 更正の請求などにも対応

ネット申告(電子申告)に対応

当税理士事務所では、確定申告も、会社の申告も電子申告(ネット申告)という方法で行っております。電子申告とは、インターネット上で申告内容を送信して提出する方法となります。

電子申告が始まった当初は「電子申告で提出すると税務署の受領印(受付印)がないからダメだ」「役所や銀行が受付印がある申告書の控えを出せと言ってくる」といった声もありましたが、現在では役所や銀行などでも電子申告の存在が浸透してきており、電子申告を行った際に受け取る「メール詳細」を提出することで受付印の代わりとして扱われております。

なお、いわゆる「紙申告」と呼ばれる方法でも提出にも対応しております。紙に印刷してそれを郵送等で税務署へ提出する方法となります。

電子申告の場合には、申告書の控えがデータで保存されますので、何度でも印刷可能です。他方、紙申告の場合には申告書の控えはご本人控えと税理士事務所控えの2部となりますので、ご本人用の控えのをなくしてしまうと、税理士事務所に保管してある控えのコピーを貰うか、税務署へ行って見せてもらうかのどちらかになります。書類の保存苦手という方は電子申告をお勧めします。

また国が電子申告を推進しているために、青色申告の個人事業主の場合には、電子申告を選択した方が税額が少なくなるというケースもございます。

なお、電子申告を行う場合には、ご本人には内容の確認をしていただいており、税理士が勝手に提出するということはございません。

ネット納税(ATMも可)に対応

当税理士事務所では、納税について、ネット納税という方法も選択いただけます。確定申告でも会社の税金でも対応可能です。

昔は納税と言えば、税務署などへ行くか銀行で支払うのどちらかでした。しかし、現在はキャッシュレス化が進んでおり、様々な方法がございます。主流な方法をいくつかご紹介いたします。

【個人の税金】

所得税や消費税の場合には、①振替納税、②ATMやネットバンクでの支払い、③窓口支払いの3つの方法が主流です。その他、クレジットカード払いや税務署へ行っての納税などもございます。

①振替納税は、一度手続きをすれば、その後は口座から引き落としてもらえますので、預金残高に余裕がある方にはお勧めの方法となります。

ATMやネットバンクでの支払いは、ペイジー払いとも呼ばれていますが、ATMやインターネットバンクに番号を入力して支払う方法となります。この方法も選択する方が多いです。

③窓口支払いは、文字通り銀行などの窓口で納税する方法となります。銀行の場合には支払いの書類を記入する必要があります。また、時間も15時で閉まってしまいますし、午後に行くと翌日扱いにされてしまうこともありますので、時間に余裕がある方向けの方法となります。

その他、クレジットカード払いもありますが、クレジットカード払いはクレカ手数料を払うことになりますので、ご留意ください

住民税の場合には、自治体によって異なります。渋谷区などは「PayPay請求書支払い」といったモバイル決済なども行われております。

【会社の税金】

法人税や消費税、地方税、源泉所得税の場合には①ATMやネットバンクでの支払い、②窓口支払い、③ダイレクト納付などがございます。会社の場合にもクレジットカード払いはあるようですが、手数料を取られますので、ご留意ください。

ATMやネットバンクでの支払いは、ATMやインターネットバンクで支払う方法となります。会社の税金でも、この方法で納税される会社は多いです。中間納税や地方税の納付でもこの方法を使うことができます。

②窓口支払いは、銀行の窓口で納税する方法となります。

③ダイレクト納付を行うためには、事前に一度、届け出を出しておく必要があります。納付日(引落日)を指定できる点が、上記①ATMやネットバンクでの支払いとの違いとなります。

経理担当がいる会社の場合には、ダイレクト納付を使っている会社もあります。税金の計算は早めにできたけれども、引落は納期限(例えば10日や月末など)にしてほしいときなど便利だと存じます。

領収書をノートに貼る必要はありません

昔ながらの税理士ですと、領収書をノートに貼って税理士へ提出するように指導しているところもあるようです。

当税理士事務所の場合には、そういったことは要求しておりません、領収書などは封筒などに入れて送っていただくだけでOKです。余裕があるようでしたら、タクシー代やカフェ代、電気代など項目ごとにまとめていただけると助かります。

なお、ぐちゃぐちゃに丸めた状態で送るのはやめてください。丸めてある領収書を一枚一枚伸ばすのは大変時間がかかる作業ですので、追加料金いただくこともございます。

面談不要(もちろん、ご要望があれば面談可能です。)

ご依頼いただく際には、面談は必須ではありません。メールのやり取りや電話のやり取りだけでご依頼いただくことも可能です。

もちろん、ご要望がありましたら、面談も可能です(初回の面談は無料です。)。相談や気になっていることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。最近ではズームやラインなどでの面談を希望される方も増えてきました。当税理士事務所では、柔軟に対応しております。

書類の送付はネット上でもOK

支払調書やクレジットカード明細などをPDFでお持ちの場合には、わざわざ印刷して郵送していただく必要はなく、メール等に貼り付けて送っていただくかたちで構いません。

税理士への書類の送り方」を参考になさってください。

更正の請求などにも対応

前年分の確定申告の内容が違っていた場合など、更正の請求といった手続きを行う場合がございます。そういった手続きも当税理士事務所では、対応しております。

その他、インボイス制度の登録なども対応しております。

まとめ

最後に宣伝です。

↓↓

当税理士事務所「創栄共同事務所」では、確定申告や会社の決算のご依頼を承っております。お気軽にお声がけください。

当税理士事務所へのご依頼はこちらからどうぞ

お気軽にご依頼ください。

当税理士へのお電話でのご依頼はこちら

03-3770-4051

受付時間:9:00〜18:00

休業日:土曜・日曜・祝日

なお、早朝や夜間、週末などは電話に出ることはできません。恐れ入りますが、メールや問い合わせフォームからご連絡ください。

※営業電話はお断り。業務を妨害されて大変迷惑しております。迷惑行為をやめてください。

ご依頼・お問合せはこちら

ご依頼・お問合せはお気軽に

03-3770-4051

お気軽にご連絡ください。

代表税理士ごあいさつ

親切な対応と丁寧にお話を聞くことを心掛けております。
お気軽に創栄共同事務所までご依頼ください。