〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-28-8 ロハス松濤2F

お電話でのご依頼・面談予約はこちらから
(初回面談は無料です。)
03-3770-4051
受付時間
10:00~18:00(定休日:土日祝)

確定申告のご依頼受付中☆税理士が対応いたします。

なお、確定申告の資料は1月末頃までに送っていただきますよう、お願いいたします。

税務署から「扶養控除等の見直しについて」の書類が届いた

会社の役員や従業員の中に、配偶者控除や扶養控除を適用している方がいる場合には、税務署から「扶養控除等の見直しについて」といった書類が届くことがあります。

要するにこれは、「年末調整、間違ってませんか?確認してね」という書類です。

よくあるのが、「配偶者の所得が配偶者控除の対象を超えているのに、そのまま配偶者控除を適用している」場合や、「扶養家族の所得が扶養控除の対象を超えているのに、そのまま扶養控除を適用している」場合です。

また共働きなどの場合に、お互いに扶養控除の対象として申告してしまっているなんていうこともあるかもしれません。

最近は「配偶者特別控除」などもできましたから、ますますややこしくなりましたね。

確認して、再計算して、徴収して、回答して、納付して、再提出

この書類が届いた場合、多くの場合には次のような流れになるかと存じます。

①確認…本人へ状況を確認しましょう。

②再計算…誤りがあった場合には、再計算して正しい数字を求めましょう。

③徴収…本人から徴収しましょう。

④回答…税務署からのお手紙には回答期限があるかと思いますので、期限内に回答しましょう。

⑤納付…差額を納付

⑥再提出…合計表や給与支払報告書なども訂正して再提出

※納付書は同封されていると思いますので、そちらを使ってください。(加算税・延滞税等に影響することがあります。)

前年以前分も修正

もしも前年以前も間違っていたとなると、過去分も修正することになり、税額が高額になってしまうこともありますので、ご留意ください。

 

ご依頼・お問い合わせはこちらからどうぞ

お気軽にご依頼ください。

お電話でのご依頼はこちら

03-3770-4051

営業時間:10:00〜18:00

休業日:土曜・日曜・祝日

※営業電話はお断り。迷惑行為をやめてください。

ご依頼・お問合せはこちら

ご依頼・お問合せはお気軽に

03-3770-4051

お気軽にご連絡ください。

代表税理士ごあいさつ

親切な対応と丁寧にお話を聞くことを心掛けております。
お気軽に創栄共同事務所までご依頼ください。