アート&てづくりバザールへの出店者向け

てづバの収入の確定申告

てづバの抽選に当選した方、おめでとうございます。

てづバの収入の確定申告はお済みでしょうか?当税理士事務所では、てづバをはじめとする各イベントでの収入についての確定申告のご依頼を承っております。お気軽にご連絡ください。

アート&てづくりバザールとは

アート&てづくりバザールとは、関西での最大級といわれるハンドメイド作品などのイベントとなります。出店するためには抽選が行われます。

見事当選された方は、出店して、作品を販売することになりますが、そこで問題となってくるのが確定申告です。しっかりと確定申告して、納税義務を果たしてくださいね。

ハンドメイド作家さんからのご質問

ハンドメイド作家さんからのご質問を記載しました。

出店料

こういったイベントの出店料は、支払ったときとイベントが行われたときのどちらの経費になるのか、悩む方もいるようなのですが、てづバの場合には出店料は返金されないとのことですので、支払ったときに経費になります。

もしも返金されるイベントの場合には、イベント日時点の経費になってくるかと思います。

遠征費

例えば、あなたが関東方面にお住まいで、そこからてづバに参戦する場合には、その新幹線代などの交通費や現地での宿泊費、作品の運搬費などは経費になります。

レンタカーで移動した場合には、レンタカー代やガソリン代も経費になります。自家用車やバイクで移動した場合には、その移動に使った分のガソリン代も経費になります。

ここで注意していただきたいのですが、イベントへ行くときに自家用車やバイクを使っているからといって、その車やバイクについてのガソリン代がすべて経費になるわけではありません。

1年分のガソリン代の領収書を保存しておいて、全部経費に突っ込むという方をときおり見かけるのですが、それは間違っています。経費になるのは売り上げと関連がある部分のみです。売り上げと関係のない部分のガソリン代は経費から除く必要があります。

例えば月5000円×12か月=年間6万円のガソリン代使っていたとします。このガソリン代には売り上げと対応していない分も含まれていると思いますので、これをすべて経費してしまうので間違いで、ドライブへ出かけたり、近所のスーパーに買い物に行ったり、病院へ通院したりしたときのガソリン代は経費から外すことになります。

中には、自家用車やバイクは、ハンドメイド作家としての活動専門に使用しているという方もいるかと存じます。その方の場合には、全額経費にできるでしょう。

また、自家用車やバイクの購入費用についても、購入日や年式によっては経費となってくることもあります。税金を計算するうえでは、減価償却という独特な考え方があります。これは複数年にわたって使用する資産を購入時に経費にしてしまうと、売上との対応関係がいびつになってしまうから調整しましょうというものです。

何年で経費化していくかは、その資産(例えば、バイクなのか車なのかということ)ごとに違いますし、新品を購入したのか、中古を購入したのかによって変わってきます。社長さんの節税方法で「4年落ちの車を買え」と言われていた時代がありましたが、それはこの減価償却と関係しているのです。

 

宿泊費の上限はあるの?

イベントなどで宿泊する場合に、いくらまでなら経費になるの?というご質問を頂いたことがあります。

ハンドメイド作家の方はどちらかというと無駄なお金を使わない方が多いような印象を受けています。贅沢して超高級ホテルに宿泊して経費にするというケースは見たことはありません。

基本的には宿泊料に上限はありません。売り上げを獲得するために宿泊が必要であったのならば経費となってくるでしょう。

超高級ホテルであったとしても、そこに泊まる理由(例えば、イベント会場の近くで空いているホテルがそこしかなかった、このホテルを題材にした作品を作るため等)があれば、認められるでしょう。

反対に売り上げと全く関係のない宿泊費はいくら安くても経費とはなりません。例えばあなたが会社員で終電がなくなったから、カプセルホテルに宿泊した。会社では経費精算してもらえなかったから、ハンドメイドの方で経費にするということは無理だとお考え下さい。

家のものは何がどこまで経費になるの?

家にあるものは何がどこまで経費になるの?というご質問は頻繁に受けます。

まず、売り上げを獲得するために使っているもの、必要なものは経費になる可能性はあります。

例えば家にある机を作業台として、作品を作っているのならば、その机は経費となってくる可能性があります。

例えば販売するためにPCで各サイトへログインしているということであればそのパソコンも、スマホやタブレットでログインしているということであればスマホやタブレットも経費になってくる可能性はあります。

その他、照明や、エアコンやカーテン、椅子や棚など、さまざまなものが経費となってくる可能性があります。

電気代、電話代、Wi-Fi代なども経費となってくる可能性があります。

何がどれくらい経費になるのかは、人それぞれ状況が異なってくるので何とも言えません。一度、リストアップしてみるとよいのではないかと存じます。

なお、配偶者などの同居人と暮らしていて、自分が費用を負担していないという場合には、経費となりません。経費とはあくまで自分が負担したものとなります。自分が負担していないものは経費とはなりません。毎月負担額を同居人へ支払っています等説明すれば通るかもしれませんが、振込等をしていないとその証明は難しいものです。あらかじめ契約名義や引落口座などをご自身に変更しておくと分かりやすいかなと存じます。

確定申告をしないリスク

ハンドメイド作家の問題として語られるのが、税金払っていないのではないか問題。

どうしても納税意識が低い方が一定数いるようです。

このページを読んでいる貴女は、しっかりと確定申告をして納税なさってくださいね。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

当税理士事務所は東京の渋谷にある税理士事務所で女性が多い事務所となります。

てづバだけでなく、デザフェスコミケなどの各イベント、ミンネ、イイチ、クリーマ、BASE、ピクトスペース、ブースなどの各サイトで作品を販売している作家さんの確定申告のご依頼を承っております。

ハンドメイド作家の確定申告を得意をしておりますので、お気軽にお声がけください。

※料金について:当事務所は売上高に応じて料金を定めております。例えば、年間売上100万円の場合には当事務所への料金は4万円+消費税を頂戴しております。年間売上高800万円の場合には12万円+消費税を頂戴しております。